忍者ブログ
小さなギルドの物語

MMO シルクロードオンラインのINDUSサーバーで遊んでいる「千寿丸」とその仲間の物語。ブログ始めたばかりは小さなギルドでしたが・・・・・ww ついでに、たまにリアルな記事も書いてます^^

11 / 19 Sun 00:29  ×
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03 / 10 Sat 10:37  ×
やはり年度末やら、リアルが忙しくてシルクにINできない千寿丸です( ノ゚Д゚)こんにちわ。

シルクでは今後の計画が発表され、近々新ペットも実装みたいでちょっとは楽しくなりそうですね^^♪
リアルがひと段落したら遊びに行くぞぉ~~~~!!


今回は、前に義姉のことでグチりましたが、新たな展開がありましたのでご報告を^^;












な・な・なんと、この前遊びにきた甥っ子たちが、帰ってくることになりました^^♪


どうやら、子供達が前旦那に「鹿児島に帰りたい」と言ったようです。
義姉に前旦那から連絡があり、3人とも鹿児島に帰ってくるそうです_|\○_ヒャッ ε=\_○ノ ホーウ!!




話の流れは、おそらく新潟に帰った3人が話し合って鹿児島に帰りたいと前旦那に長男が話をして、前旦那も了解したことを、義妹に報告し、義妹が義姉に報告し、義姉が前旦那に確認したそうです。

ちょっと話がややこしいですが、3人が義妹(3人からみれば叔母)に報告したのは、義妹が一番話しやすかったからだと思います。義妹に報告してこちらが受け入れてくれるのかを聞きたかったんだと思います。
その話を、義姉が聞いて前旦那に電話で確認して、3人が鹿児島に帰ってくることが決まりました^^

前旦那曰く「義姉が結婚してるのなら、経済的にも大丈夫だし、子供が望んだことだから」と言ってるらしいですが、私の予想では、子供達がこちらにいれば義姉が戻ってくるかも知れないという考えがあったが再婚したと聞いたので諦めがついた。と分析していますw


実際、前回子供達が帰ってくる話がある前に、「子供達が会いたがっているので、旅行を兼ねて東京で会おう」という話があり、義姉が断ったので子供達だけで鹿児島に来ることになった経緯がありました。

さらに、子供3人を一人で育てるのに限界を感じているのではないかとも思っています。






まぁ、そんな大人の事情はど~~~でもいいこと!!
うちの長男も、嫁も、もちろん俺も大喜びです♪♪♪♪♪

そこで現在、3人を受け入れる準備をしている最中です!!!!



まず、義姉夫婦は一気に家族が3人増えるために、車を買い替えていました。
今までは、軽でしたがそれでは家族みんなが乗れないので、普通車のワゴンに買い換えていました。



そして住まいですが、今までは2人で小さなアパートに住んでいましたが、今回、義父の会社(2階建・鉄骨造)の2階の倉庫を改装して住むことになりました。

倉庫といっても実際は、義姉家族が住めるようにと作っていたのですが、前旦那が住むのを拒んだため義父が倉庫として使っていました。

そこで俺の出番です!!!!!
義父の会社の図面を借りて、CAD(建築用製図ソフト)で図面を作り直し、さらに義姉夫婦の意見を聞いて間取りを決めて図面を描いて、業者に見積を依頼し見積書を作成しました。(見積は、銀行にお金を借りるときに必要だそうです)
久々に、真面目に仕事しましたwwwwwww
子供達が帰ってくると思うと、俺も何かしないとと思い図面を借りて見積作成まで1週間で仕上ました!!
自分でも「なんてステキな叔父さんなんだ(´∀`*)ウフフ」と自画自賛ですw

それなのに、完成は夏休み前でいいと言われました・・・・・orz
おそらく、しばらくは義父母の家に居候する形になるのかな?俺としては6月くらいに完成の予定だったのに^^;;



子供達は、3月末に長男と次男。夏休みに長女が帰ってくるそうです。
なぜ、みんな一緒じゃないの?と思うでしょうが、この理由が面白かったwww

現在、長男(高1)長女(中2)次男(小6)なんですが、長男・次男は時期的に学年が変わるので3月までに転校したいと。
ただ長女の場合、鹿児島の修学旅行は2年の2学期にあるんですが、新潟の中学校は3年の1学期にあるそうです。
長女の理由は、修学旅行でしたwwwww
まぁ、大事な思い出だし仕方ないかなwwwwww




これから、一気に家族が増えて義姉夫婦は厳しくなるだろうけど、頑張ってほしいと思ってます。




明日、義父・母・義姉・嫁・義妹の5人で家族会議をするそうです。
3人が帰ってくるので、そのことについてだと思います。そのため、明日はうちの子供3人のお守りです(ノД`)シクシク



私は直接聞いてないのですが、義母が嫁に直接的な言い方はしてないが、前にうちの次男を養子にほしいと言っていたそうです。嫁の家族は3人姉妹で名前を継ぐ人がいないためだと思います。
俺は、次男が良いと言えば構わないと思っていましたが、次男が分かる年齢、中学校くらい(12~14歳)になるまでは、と思っていましたが、それまで義父母が・・・とも思っていました。

おそらく、その件も話し合うのではないかと思います。帰ってくる長男・次男のどちらかを・・・ってな話だと思います。
養子となると相続とかも発生するので家族会議と考えたのではないかな。



私の意見は大賛成です。
子供達がこちらに帰ってきて、まず姓をどうするのかな?という疑問がありました。
義姉はすでに、新旦那の姓を名乗ってますが、子供達は・・・と思っていました。子供達が気にしないなら、新旦那の姓でもいいですが、抵抗あるなら義父母の姓を名乗るのが良いと思いますし、義父母の姓を名乗るならついでに養子にすれば・・・・と思ってます。
両親と姓が違うという所が引っかかりますが・・・まぁ、子供の意思で決めればいいと思ってます。



色々問題もあるかもしれないけど、子供達もいい年齢なので子供達に決めさせるのが最良と思う千寿丸でした^^;
俺は、子供達が安心して帰ってくる場所(精神的にも)を作ってあげようと思っています。



いや~~~、リアルって色々あって面白いね^^♪
PR

モイラさん久しぶりです^^ノシ

甥っ子達は無事帰ってきました^^
新しいお父さんとも今の所はうまくいってるようです^^

自立という面では私もまだ出来てないところもあります><;
お小遣いが少なくなると、親に貰いにいったりしてます^^;
仕事柄ってこともありますが、実家の家の修理やら、雨漏り直したりするとお駄賃貰ってます^^;;;;;;

家の方はだいぶ難しくなってるようです。銀行がお金を貸してくれないようです。。。

世の中、色々と難しいもんですね^^;;;


良かったですね!!^^ノ
甥っ子さん達も気心知れてる大人が多い土地の方が安心できますもんね^^
あっ、お互い安心できますね!
あと、新しいお父さんと良い関係が築けたら素晴らしいですね^^
夏が楽しみ!


ほんまに自立って簡単にできませんね><
母と同居してる兄は未だに自立できてません
結婚していないので仕方が無いのかもしれませんが・・・それにしても情けないです><
当の本人は母の面倒を見てる気でいるところがまた悲しいです
結婚すると嫁(旦那)のコトを考えたり、親も増えるので自分のコトだけ考えてられません
親になると更になんでしょうね
金銭面での自立
精神面での自立
・・・・あたいも自立できてるのか自信はありません><;
ただ、自分の家族・実母・義父母に義姉家族が健康でいて欲しいと願うだけです


FBさん。それは迷惑かけすぎですwwww
俺はさすがに、警察まではお世話になったことないですw
それなら、普通の人の倍は親孝行しないとねw

確かに親にならないと、親の偉大さが分からないですね^^;
普通に学校いって、飯食って、布団で寝る・・・こんな普通のことさえ親が居なければ大変なことだとは思いませんよね^^;
とくに男は、家族の生活がかかってますからね・・・俺が稼がないと食っていけないと考えるとゾッとします。
それと同時に「こいつらには、貧しい思いをさせたくない」と思うと仕事も頑張れます。

まぁ、そう言いながらも仕事に一生懸命かと問われると、違うんですけど^^;;;;



結局、嫁の実家の家族会議の内容は、義姉夫婦がお金を借りるには建物(土地も?)を義姉夫婦の名義にしないといけないらしいです。


一応はじめに、俺は義兄には言ったのですが「自分の持ち物でない建物を改装するのに住宅ローンが組めるのか?」と思って話をしたのですが、結局できないようでした。
そのため、建物を義姉夫婦に譲渡するという話になり、相続の話なので家族会議になったようです。

前も話したかもしれないが、私達夫婦は、義父母の相続はまったく考えてません。
だって、俺の親の家と土地・今住んでる家と土地があるので、それ以上あっても、それを維持する方が大変そうだし^^;
なので、義姉夫婦が義祖父の面倒をみるなら相続はもちろん放棄します^^
姉妹でもめるのも嫌だし^^;
義妹も去年、長男の人(しかも世界のト○タに勤務)と結婚してるので同じように問題ないと思う^^

願わくは、今度帰ってくる子供のどちらかが、姓を継いですべて相続するのが理想だとおもうのだが・・・


淡々と綴られてるんだけど

やっぱ親になるってのは大変な事なんだな~

とつくづく思い反省しているFBです(笑


自分も反抗期を含め親には散々迷惑をかけ倒しました


京都市内の各区の警察署にお世話になり

家裁、略式裁判等、親をコメツキバッタのように頭下げさせてばかりだったし…

良くも悪くも親は子を選べないし

子も親を選べない

不公平感や矛盾感を感じながらもその環境の中で

もがき苦しみながら生きてきただけに

自分が親になってみた時に初めて気づく親の偉大さや難しさ

まぁ願わくば子どもたちが大きくなり

結婚し、子を持ったときに

親のありがたさ、感謝の気持ちを持ってもらえるような育て方にしたいね


等身大の千さんの想いが描かれているな~と感心しました

俺が千さんの年齢の時に同じような事を感じたり

考えたり行動できたか?と思うとつくづく感心します。

NAME
URL
VOICE
EMOJI / FONT COLOR
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

ADMIN | WRITE
 
"千寿丸" WROTE ALL ARTICLES.    忍者ブログ・[PR]
/ PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.